1月8日(火)日本上陸記念生放送まとめ

2019年1月8日(火)20:00より『黒い砂漠モバイル』の日本上陸を記念した生放送がYoutubeとTwitterで配信されました。

この配信ではマフィア梶田さん、GoodGameGirlsさん、AppBankTV みっくすさん、そして『黒い砂漠モバイル』の開発元であるPearlAbyssの社員さんが出演者として参戦しています。

放送内容は同じ1月8日(火)の日中に開催されたプレスカンファレンスのおさらいや補足、実機でのプレイなどです。

早速放送された内容をおさらいしましょう。

黒い砂漠モバイルについて

原作『黒い砂漠』(PC版)をベースにモバイル版としてハイエンドタイトルを手軽で簡単に遊べるように1から作り上げられたスマホ向けMMORPGです。

推奨スペックはiPhone6以上/snapdragon805 of similar AP,3GB RAMとなっており、多少古い機種でも動くようですね。

日本版について

配信時に使えるクラスは『ウォーリア』『レンジャー』『ジャイアント』『ヴァルキリー』『ウィッチ』の5クラスとなります。

また地域はカルフェオンまで実装されるとのことです。そうは言ってもPC版『黒い砂漠』未経験だとピンと来ないですよね。初代ポケモンで例えるなら初めのジムの町あたりと言ったところでしょうか。

戦闘コンテンツは6種類、そして領地の生活コンテンツなども最初から実装されています。

これらのコンテンツを日本版のスタート地点として、2ヶ月程度のサイクルでアップデートを行うそうです。

課金アイテムについて

「課金で手に入るアイテムはゲーム内で手に入る」とのことで、課金の方向性としてゲーム性を損なわせずに時間短縮の要素になっているそうです。

そして重要なのが「課金だけで最上位アイテムは入手できない」といった配慮もされています。

日本版では海外(韓国・台湾)で人気の商品やパッケージなどが販売予定とのことで、ユーザーの声や使用状況に応じて販売内容は変わるそうです。

一方で公式放送では「実験的にガチャも検討している」との発言も出てきました。

「実験的にガチャ・もしくは近い機能を調べている」とした上で、「日本の市場に合わせて用意はするが、バランスが崩れることを最も恐れている」「ユーザーの意見を聞いている」「1番大事にしたいのはゲームに時間を使ってくれる人」との発言も。

ガチャ関連のソース元:【黒い砂漠MOBILE】黒い砂漠MOBILEリリース記念生放送パーティー!(再生時間1:12:00付近)

最後に

放送内では韓国の開発者を招いた質問コーナーや実機プレイなどの時間が多く用意されており、とても見ごたえのある内容でした。

放送が終わった今でもYoutubeを通してアーカイブを視聴できるので、まだ見ていない人はぜひご覧ください!

コメントを残す

コメントの反映まで時間がかかるので連続投稿などにご注意下さい。