クローズドβテスト動向まとめ:1番人気職は「ヴァルキリー」、最高Lvは3日で54、男女比75:25など

1月31日から3日間の日程で実施された日本版『黒い砂漠モバイル』クローズドβテストの情報が座談会(※)にて公開されたのでお伝えしようと思います。

まず参加者についてですが、男女比が75:25とコアなゲームにしては女性が多いという結果になりました。

次に年齢比率は20代が最も多い41.7%、30代30.7%、10代16.7%、40代8.9%、50代以上2.0%と続く結果に。やはり20~30代の層が最も厚いですね。このデータは台湾や韓国と比較すると、10代20代の数値が大きいようです。

CBT参加者データ
男女比:男75、女25
年代別参加率
10代16.7%
20代41.7%
30代30.7%
40代8.9%
50代以上2.0%

次にクラス分布ですが、ヴァルキリーが最も多い32.5%でした。そしてウィッチ26.8%、レンジャー20.1%、ウォーリア13.4%、ジャイアント7.2%と続きます。

やはり女性キャラクターであるヴァルキリー、ウィッチ、レンジャーに人気が集中していますね。また1番人気はウィッチになると予想していたのですが、まさかのヴァルキリーで個人的に驚いています。

プレイ動向として最高レベルはレンジャーLv54でした。こちらの方はCBT1日目でLv40に到達していたようです。やはりレンジャーは育成速度が速いですね。

ちなみにLv54という数字は序盤のゲームバージョンにおけるキャップ値(限界レベル)と思われます。

以上、黒い砂漠モバイル「座談会」で発表された情報でした!

#砂漠の民の集い
座談会での最新情報! pic.twitter.com/n2k1pBWqeP— Settia@黒い砂漠モバイル (@gurundosurumu) 2019年2月3日

コメントを残す