【黒い砂漠モバイル】「カルフェON宴会」まとめ

新規クラス「ノヴァ」

パールアビス初の「黒い砂漠」全プラットフォーム同時アップデートで実装される新規クラス「ノヴァ」

12/22実装予定

PvPバランス調整

・距離による特性から生まれる立場の差を徐々に埋める方向
(※遠距離クラスが有利な問題に切り込む)

・今後も距離格差を埋めていくパッチを続けていく計画

・たとえば「遠距離クラスのHPを減らして攻撃力を調整」「近距離クラスが受ける遠距離ダメージ量減少を上方」など

・その他「クラウドコントロール」や「スーパーアーマー」スキルの判定なども検討対象とのこと
(※クラウドコントロール…俗に言う「CC」ってやつで眠らせたり凍らせたり足止めするスキル系統を指す)

・検討事項は40種のクラス全体に対するパッチになる予定だが、様々なコンテンツに影響を及ぼすため慎重に検討
(※40種のクラスとは基本クラスも含めている)

・上記バランス調整はサービス開始以来「最大規模」とのこと

自由決闘場の変更

・新たなバランスルールが真っ先に適用される空間として調整し、十分な機関の間、プレイヤーのご意見を吸い上げる予定とのこと

・つまり「自由決闘場」はクラスバランスのテスト環境になる

日課・サブキャラクター関連

日課やサブキャラクターなどメインキャラ以外のやり込み要素に関して大幅な変更が入る。

新規システム「家門派遣」

「家門派遣」とは家門コンテンツの要素でのみ活用されていた「サブキャラクター」のポジションの変更を意味する。

ワールド経営・ハドゥム・大砂漠・大洋など対象となるコンテンツにサブキャラクターを配置し、時間が経つと完了される方式で開発中。

「手動プレイよりも効率が良くなる一方で、物足りなさを感じるかもしれない。ただ時間負担の面で見ると十分に妥協できる範囲」とのこと。

韓国版は12月15日(火)、ワールド経営から順次実装

日本版は1月中旬実装予定

傭兵システム

・サブキャラを育てていない人でも「傭兵」を雇うことで「家門派遣」に送り込める。

・「家門派遣」と同時実装予定

対人コンテンツ関連

各種対人コンテンツが仕様変更などのリニューアル実施

太陽の戦場

・逆転要素を補強

・オーガや総司令官の撃退に必要な条件を追加するなど新たな戦略要素の投入を計画

・またこれまで集まったデータをもとに全クラスのバランス調整を実施
(クラス別の勝率などを参照する)

・勝率によるマッチングの実施と敗北陣営への報酬も検討

・未確定だが「副隊長の剣」に関する所有方法や獲得条件の変更も検討

・今後は戦場の地域が増える

ラモー戦場

・2021年上半期にリニューアルも含めた「ラモートーナメント」を実施予定

・バランス調整はデータを基に「勝率の低いクラス」に対して行う

・その他、石像の攻略要素の強化やラゴス以外の戦略要素を追加するなどリニューアルも実施

攻城戦

・「ゴイェン」「カルティアン」で実施されている攻城戦を「カルフェオン城」に統合し、新たに「バレンシア城」を追加して新シーズンを開始する計画

・城の価値を高め、継続できるよう関連システムを補強予定

グローバル対抗戦(※)

拠点戦などの対人コンテンツをグローバルで対戦できるよう現実可能な方向を目指し開発チームと“論議中”とのこと

※「論議中」(話し合っている状態)

新要素

新領地「カーマスリビア」とそれに関連した新規要素

新領地「カーマスリビア」

ファンタジー森っぽいエリア。

新要素「妖精」

育てる系のやつらしい

新要素「宝物」

無限ポーション、無限ペット餌、ワールド経営で信頼度が落ちない、といった魅力ある能力を永久的に使用できるらしい

ワールドボス「オピン」

つよそう。

「政治システム」

詳細不明。だいぶ前から告知されていたけど未だに謎。

既存コンテンツ改編

大洋

・大洋の砲弾消費の概念が変更予定

・「大洋貿易」「略奪システム」「その場で復活」の追加も準備中

コメントを残す

CAPTCHA


コメントの反映まで時間がかかるので連続投稿などにご注意下さい。