『黒い砂漠モバイル』生放送#1で秋山Pがガチャについて謝罪!

冒頭の謝罪会見

グラサン「何か言うことあるんちゃうんけ?」

秋山P「ガチャの導入について齟齬があった」

グラサン「齟齬というのは?」

秋山P「ガチャで一番強いアイテムは基本的に出さないと言ったが、実際そうではなかった」

グラサン「事前放送では(ガチャで)強くするわけではないと言っていましたね」

秋山P「ベースの考え方としてはお金で強くなることは避けたい、ゲームの中でちゃんと遊べるようバランスを作りたい(と考えている)」

秋山P「バージョンの兼ね合いもあって1番強いタイミングで(クザカガチャを)出してしまった」「これがわれわれの1番の落ち度」

グラサン「本国(韓国)の開発元と食い違いがあったということですか?」

秋山P「本国とバージョンやレアリティなどの目線がずれたまま出してしまったことが1番大きい理由」

秋山P「その問題は今は本国と日本でお互い理解している、齟齬の部分は押さえながら導入できる体制を作ってはいる」

グラサン「炎上しちゃったなら素直に謝るしかないですよね」

秋山P「まずはお詫びをさせて頂く、ということで・・・」

グラサン「改善していくってことですよね?」

秋山P「基本的にはいい商品を作っていく、ちゃんとゲームの設計を重視していく、ゲームをちゃんと作っていくよう勤めていきたいと思います」

グラサン「私も頭を丸めた甲斐があったわけです」

秋山P「…(笑)」

グラサン「何わろてんねん」

グラサン「あんたら笑ったらアカンやろうが」

秋山P「…」

全員「改めて謝ります。このたびは皆様、申し訳ございませんでした」

その他要点まとめ

・課金行為によって即日最強になる仕様にはしないといったがクザカによって誤解させてしまった

・これについてはちゃんと問題を解決したいと会社全体で動いている

・パールアビス(運営)としては有償・無償に関係なく同等の労力・アイテム入手可能なバランスを構成、等しく遊べるゲームバランスを作りたい

・時間がある人は「時間という対価」、お金がある人は「お金という対価」を支払うということ

・日本版はゲーム内のドロップとゲーム内の取引所のバランスを作って多くの人が高レアリティアイテムを入手できるよう他国サービスと仕様を変えている

・ガチャから最強出さないよ→平たく言うと嘘ついた、申し訳ない

・レアリティ深淵について→レアリティの認識の違いがあった、嘘ついた、申し訳ない

・直近に関して3/28に「クザカの破片」を実装して上位レアリティを事実上実装する

・全体的に遊びにくい部分「ドロップなど」はバランスを見ながら調整していく

管理人コメント

同じような話が繰り返されて見ている私の方も少し混乱したのでまとめ内容と実際の発言のニュアンスが異なるかもしれません。ご了承下さい。

とりあえず、誠意は見れたので今後に期待します!

7 件のコメント

  • 笑うなや
    かつて同じくサービス開始当初炎上したDQMSLの運営Pはしっかり誠意ある対応とってたぞ
    秋山はどうも好かん

  • 影の証欲しくてメインクエ終わってからずっと影の騎士団討伐で三週間くらい無駄にしてたから詫びで影の証欲しいわ

  • 言葉遣いが文字にするときに丁寧になってますね
    プロデューサーは謝罪の言葉を「申し訳ございません。」ではなく「申し訳ない」と言ってます
    ある程度の人ならこの違いはかなり気になりますね

    • 正しい日本語は「申し訳ない」の方だから正直「ございません」の方が丁寧って言われても違和感あるけどな

  • コメントを残す

    CAPTCHA


    コメントの反映まで時間がかかるので連続投稿などにご注意下さい。