台湾版にアプリを落とした後も自動狩りや採集・釣りを続けてくれる神機能が実装!

みなさんこんにちは!

現在『黒い砂漠モバイル』は韓国・台湾の2カ国のみでサービスがおこなわれているのですが、そのうちの1つ台湾から驚愕のニュースが飛び込んできました。

なんとアプリを落とした後も自動で狩りや採集・釣りを続けてくれるという「闇精霊の狩り」(仮称)という機能が実装されたのです!

今までは自動狩りをする際にはアプリを開いたまま端末を放置する必要がありました。そのため普段使いのスマホでのプレイはゲーム中他の作業ができず実生活に支障が出てしまうため、ガチで遊ぶには「ゲーム専用端末」が必須となってくるわけです。

しかしアプリを落とした後も自動狩りをしてくれる「闇の精霊の狩り」機能を使うことで、スマホ1台でもガチ勢の方と同じくらい遊べるようになりました。

「闇の精霊の狩り」(仮称)について

アプリを落としても自動狩りや採集・釣りを続けてくれるという夢のような機能ですが、もちろん通常プレイとの差別化のために少しだけ制約が付いています。

まず最大で3時間までしか稼動できません。つまりずっと放置をするならば3時間毎にアプリを起動して再設定する必要があります。

そして2つ目は重量が200%という制限があります。それなりに育っているキャラクターであれば重量制限は特に気にする必要はないでしょう。

アプリを起動し続ける必要がなくなったので、日中は職場や学校などでも気軽に放置狩りを楽しむことができます。

「節電モード」中に右下のボタンを押すことで「闇の精霊の狩り」機能を使える。
「闇の精霊の狩り」機能を使えばアプリを落としてOK!

「自動狩り」と「節電モード」について

「自動狩り」と「節電モード」について詳しく知らない方向けに解説します。

『黒い砂漠モバイル』にはオート狩り機能が付いているので、一切操作せずゲームを起動したまま端末を放置しておけば勝手にモンスターを狩り続けてくれるのです。

しかし普通にゲーム画面をつけたままだと電力消費が大きいので「節電モード」と呼ばれるシステムが用意されており、「節電モード」にするとゲーム画面を非表示にして最小限の情報だけが画面に表示されるようになります。

ただし常にアプリを起動した状態となるため、ガチで遊ぼうとすると「ゲーム専用端末」が必要となってしまうわけです。

最後に

日本版にも「闇の精霊の狩り」が実装されるかは現時点で不明ですが、この機能さえあれば他のスマホ向けMMORPGよりも快適に遊べるはずです。

コメントを残す

コメントの反映まで時間がかかるので連続投稿などにご注意下さい。